高次の愛を受け取る訓練~引き寄せが成功するときに起こること

東京都
榛名提督様からの
体験談

Nozomi先生

先日のカウンセリングでは、本当にありがとうございました。
ちょうど1年前にあたる、2023年4月のカウンセリングで、転職をしてもよいか、今の職場において、やり残したことや成すべきこと、課題はないのか?とお尋ねさせて頂き、その答えとしては、もう次に行ってもいいんじゃないの?となんとも軽い上からのメッセージを貰っておりました。

それから、はや1年、、、仕事の上では、尋常ではない多忙な1年となり、転職どころの騒ぎではなかったのですが、落ち着きが見え始めた2024年2月頃から、(ちょうどこの頃、仕事環境でゴタゴタが起こるなどいろいろな変化が始まりました….)次のステップのために動き出したことろ、思いもよらぬ企業から思った以上の待遇でお声がかかり、お陰様でこの4月に内定をいただくことができました。

本来であれば、狂喜乱舞&喜び勇んで次の職場に転職!となると思っていました。
むしろそうなるハズでした。でも実際は違いました。内定の連絡をもらってからの日々は、心がどんよりと重く沈みがちで、どことなく憂鬱な気持ちが湧き起こりました。

具体的には、、、
想像だにしなかった好待遇、業界ではとても有名な企業で自分はやっていけるのか、現職でもそれなりにキャリアを積み、比較的良好な人間関係などそれらすべてをかなぐり捨てて、次に挑む価値はあるのか?現職でお世話になった人達への恩は忘れたのか?そもそも今のままでも十分幸せではないのか?などなど次から次へと陰陰滅滅な気分が湧き起り、ここまでネガティブな感じを受けるなら、そもそも転職などやめるべきではないか、とも。。。。

そんな中、先生や上の人?の言葉を聞いた今では、自分の中で何が起きているのか、少しずつ見えてきました。
自分が本気でオーダーした願望の成果を、受け取ることがとても怖かったのだ、と。
自分自身が望んだもののハズなのに、いざ受け取ろうとすると、足がすくんでしまう、恐怖に尻込みしてしまう、、、
そのようなお話は、なんとなく聞いたことはありましたが、まさか自分がそのようなことを体験しているとは、気が付きませんでした。(そもそも自分からはじめたことなのに、何言ってるんだコイツは?という感じですね)
自分の奥深くにある思い込みや、願いを妨げるブロックというものが何なのか、少し理解ができた気がしております。

怖いかもしれないけど我慢すること、怖いのは成功慣れしていないから。今回のように枠外に飛び出す時は結構怖いものである、とNozomi先生から頂いたお言葉を今思い起こしながら、このメッセージを書いております。

そして最後にお伺いした、自分の使命とは何なのか?という問いに対し、「軽く生きる」という言葉も、まさに自分が普段から感じていること、これからどうありたいか、をシンプルに表された言葉だな、と腑に落ちました。1年前の上の人?からメッセージも然り、なんでいつも軽いメッセージが多いのか、という疑問にも合点がいきました。
「軽く生きる」、この言葉を胸に、新しい環境に駒を進めたいと思います。

また折を見てご相談(カウンセリング)をお願いしたいと考えております。
これから、暑い季節が巡って参りますので、Nozomi先生もどうかお体ご自愛下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。

東京都
榛名提督

Nozomiより

榛名提督様、体験談ありがとうございます。
今回榛名提督様に体験談をお願いしたのには、こんな理由がありました。

昨年引き寄せワークショップやタフティの読書会などを行い、引き寄せが上手くいっているからこそ「願いが叶うことを拒否したくなる心理」に陥っている人もいるかもしれない、と。
そのような方にとって、今回の榛名提督様の状況は参考になるものだと考えました。

この世の多くの人が成功したい、幸せになりたい、上手く生きたいと願っています。
しかし同時に、多くの人が失敗してばかり、幸せになれない、うまくいかないと思っています。

なぜなら、失敗して幸せになれず上手くいかないと、とても安心するからです。納得するからです。「ああ、自分なんてどうせダメなんだ」と思うことは、実は多くの人にとってすごく楽なことなのです。

成功することは怖いです。
幸せになるのは怖いです。
上手くいくのは怖いです。

潜在意識的にこの恐怖があることを、ほとんどの人は実感していません。だから、成功できないし幸せになれないし上手くいきません。「深いレベルで本当は成功したがっていないネガティブな自分」に気づいていません。

榛名提督様が今回感じた壁は、まさしくこの「深いレベルで本当は成功したがっていないネガティブな自分」によるものでした。

魂の道を行き宇宙の流れに身をゆだねることができる人間には、信じられない奇跡が起こります。普通はそんなにうまくいかないことが、自分だけはするっとうまくいってしまったりします。世の中暗いニュースばかりの時でも、自分や自分の周りはまったく問題なく、穏やかに暮らせます。

そう選択すれば、そうなります。
シンプルに。

しかし、シンプルに望んだこと、シンプルに望んだ人生がやってきそうになったとき――多くの人はフリーズします。あまりにも恐ろしくて。

幸せになるって、本当に怖いことです。
その不安をなだめようと周りの人に相談しても「そんなに上手くいくはずない」「気を付けたほうが良い」「そんな話聞いたことがない」と返されて恐怖は倍増します。

ここは、一人で耐えねばならぬのです。
人に相談してはいけないのです。
だって、ほとんどの人には理解不能なのだから。

一人で、波を受け止める。宇宙からの無償の愛をじっと受け入れる。現実に起こっていることに余計な口を挟まずに、ただ世界がそうなりたい形になるのを許す。

榛名提督様は今まさに、このプロセスにいたのですね。
こういうプロセスにあっては、それが本当に順調な道を行っているのか、それとも湧き上がる違和感に従って上手くいきそうな状態を回避したほうが良いのか、たいへん迷うものです。

(ここをご覧になっているあなた、安易に「これはシンクロだ、今の自分もそうなのだ」とは思わないでくださいね。世の中には確かに「うまい話には裏がある」という事象もございます。物事の見極めは慎重に行わねばなりません)

世の中「引き寄せ」という単語が大変一般化してきています。
誰でも知っていて気軽に使う単語と化しています。

私は最近、馬が好きすぎて馬動画ばかり見ています。近々で乗馬の予約も入れてしまいました。
そうしたら、これです。

オマタセちゃん、かわいい……

あの、失礼ですが、こんなとっぽい男性まで「引き寄せ」という単語を使うんですよ。びっくりですよ。(川島調教師、すごい方なのにとっぽいだなんて言ってしまって申し訳ありません)

スピリチュアル動画じゃなくて馬動画で出てくるくらい引き寄せという概念は一般化しています。

しかし、一方で「引き寄せなんて気休めでそんなことは上手くいかない」と考えている人も多くいます。
「こうなりたい」と願ったところで現実にならない人も多くいるということですね。

それは当たり前です。
なぜなら、意識の深くにはさきほど書いたような「成功したくない」「幸せになりたくない」「上手く行きたくない」という思念があるからです。

私たちは上手くいきそうなときに、理屈をつけては巧妙に現実を壊します。メンヘラを起こして不幸である自分に酔います。なぜなら、そうしたほうが安心できるから。現状を維持できるから。

そして引き寄せは失敗します。
多くの人は、そうやって失敗しています。

その失敗を成功を分ける潮目の一つが、今回榛名提督様が体験した「こんなに上手く行っちゃうなんて怖い」という心理状態です。このマインドになった時に、いかに我慢できるか(平常心を保てるか)が結果を分けます。
平たくいうと、メンヘラを起こしたがるマインドに飲まれず、冷静に現実を受け入れることが肝要となります。

それができると、物価が上昇しようがコロナになろうが地震があろうが経済危機が起ころうが、何ら心配のない人生を送ることが可能となります。世の中困っている人はいてそれはそれでお気の毒なことなのですが、自分自身は何ら困ったことのない平和な世界で生きられます。

なぜなら愛のある世界を創造しているから。
シンプルに。

それにしても、艦隊これくしょん11周年ですか。すごいですね。光陰矢の如し。
はじめて榛名提督様に札幌のサロンでお会いした時に、さんま漁の話をしたことが昨日のことのように思い起こされます。越谷が海にならなくて良かったです。

現在、4月のワーケーションについての記事を書いています。
この旅から帰ってきて榛名提督様からセッションのご予約を頂いて。
「あれ? この方は航空祭で戦闘機の写真を撮ることが好きな方では……。私、三沢で戦闘機を見てきたばかりじゃない」
そんなシンクロに驚きました。

かように私たちは大きく導かれております。
言語化するのが難しいですが、順調に動いております。それゆえのシンクロニシティでありましょう。

これからも共に光の道を参りましょう。
素敵な体験談をありがとうございました。